Home Menuhax ThemeHax CtrBootManager RxTools 3DS HBL Homebrew

FW 9.0~9.2のold3DSとold3DSLL及びnew3DSとnew3DSLLに対応しているHome Menuhax(ThemeHax)を活用したCtrBootManagerの導入方法です。

CtrBootManagerを導入することによりRxTools等の自作アプリの起動が簡単になります。


準備するもの
・FW 9.0~9.2の旧型3DS・3DSLLかnew3DS・new3DSLLの本体
・Home Menuhaxの導入(導入方法はこちら
・CtrBootManager-1.7.zip(https://gbatemp.net/attachments/ctrbootmanager-1-7-zip.37035/)2/11現在
CtrBootManagerのファイルは随時更新されているため最新版は https://gbatemp.net/threads/ctrbootmanager-3ds-boot-manager-loader-homemenuhax.398383/ からダウンロード。


【手順】
3DSのSDカード内のboot.3dsxのファイル名をboot_hb.3dsxに変更する。

CtrBootManager-1.7.zipを解凍してboot.3dsxとboot.cfgをSDカードにコピーする。

SDカードを3DSに戻し、Lボタンを押したまま3DSの電源を入れるとCtrBootManagerが起動します。これで導入は完了です。
初期設定では3秒後にReiNandが自動起動するようになっていますので、old3DS系の場合はXボタンで削除してOKです。

HBL(The Homebrew Launcher menu)を起動するにはHomeBrewMenuを選びます。
RxTools Nightly buildやRxTools 3.0 Beta 2は、必要なファイル類をSDカード内に設定すればCtrBootManagerから簡単に起動できます。